AVIATION ASSETS

陸上航空の教育訓練、運用、装備、安全等に関連する米軍情報の発信源

私が英辞郎を使う理由

はじめに

英辞郎を初めて使ったのが一体何年前のことだったのか、正確には思い出すことができませんが、おそらく20年以上前のことだったと思います。

私の場合、英辞郎を使い始めたのは、Personal DictionaryPDICのホームページからダウンロードして使い初めてから何年も経ってからのことでした。まだ、英語を勉強中の頃でしたので(今でも勉強していますが)、自分で作ったユーザー辞書をPersonal Dictionaryで単語帳のように使うことが主体で、EDPのウェブサイトからダウンロードした英辞郎は、それを補うためのものに過ぎませんでした。いわば「Personal Dictionaryを使うために英辞郎を使う」という状態だったのです。

ところが、翻訳を初めるようになってからは、自分で作ったユーザー辞書よりも英辞郎の語彙力に頼る場面が多くなってきまし。その一方でPersonal Dictionaryは、バージョンアップを重ねるにつれて、「辞書を作る」よりも、「辞書を引く」ことが重視されるようになってきました。このため、「Personal Dictionaryを使うために英辞郎を使う」という状態から、「英辞郎を使うためにPersonal Dictionaryを使う」という状態へと、徐々に変化して来たのです。

そんな中、英辞郎[第十版]が発売されました。最新版の英辞郎は、数年前からウェブサイトからのダウンロードはできなくなっていましたので、迷わず購入することにしました。

それでは、私が英辞郎を使う理由を紹介したいと思います。

語彙数が多い

英辞郎の魅力は、何と言っても、その圧倒的な語彙数です。英辞郎[第十版]では、なんと205万語を突破しました。もちろん、Googleの検索を使えばより多くの言葉にヒットできますが、英辞郎を使えばより整理した形で訳語情報を得ることができます。

ただし、英辞郎の訳語には、「データの内容について、一切の保証をしない」という条件が付いています。このことを理由に英辞郎を使うことに消極的な方もいるようですが、「知らない単語をどう訳すのか、とにかく手掛かりが欲しい」私にとっては、無くてはならない辞書なのです。

Personal Dictionary(PDIC)で使える

英辞郎[第十版]には、辞書データである「英辞郎」データ(PDIC-R/Unicode形式)の他に辞書ソフトであるPersonal Dictionary-R(PDIC-R)/Unicode が付属しています。Personal Dictionaryについては、別のコラムでも紹介していますが、とにかく検索速度が早いのが魅力です。そして、Personal Dictionaryを使うことによって、次に紹介するコモ辞書やユーザー辞書を使うことができるのです。

なお、「英辞郎」データ(PDIC-R/Unicode形式)は、附属のPersonal Dictionary-R(PDIC-R)/Unicode以外では使用できません。通常版のPDIC/Unicodeでも、(英辞郎[第十版]の説明には、遠回しにしか書かれていませんが)使えません。このため、将来、アップデートされたPDIC/Unicodeを使用したい場合には、それを反映したPDIC-R/Unicodeが付属した「英辞郎」を新たに購入するしかないと思われます。

コモ辞書が使える

上記のPDIC-R/Unicodeは、従来のPDIC/Unicode形式の辞書も使用できますので、軍事英語辞書のコモ辞書が今までどおり使えます。別のコラムでも紹介していますが、コモ辞書は、幅広い軍事用語を丁寧に解説しているのが魅力です。

英辞郎の圧倒的な語彙数をもってしても、軍事用語の分野ではまだまだ不十分であり、コモ辞書を同時に使えることが、「英辞郎 on the WEB」ではなく書籍版の「英辞郎」を使う最大の理由となっています。

ユーザー辞書が使える

同じくPDIC-R/Unicodeでは、従来どおり、ユーザー辞書を作って使用することができます。私がAviation Assesの翻訳をするうえで必要な軍事航空用語については、コモ辞書でもまだ足りません。よって、ユーザー辞書にそういった用語を登録できることは必須の機能なのです。

さらに、翻訳作業中に「この言葉には、この訳語がぴったりな場合もある」を思い付いた訳語を記録しておくこともできます。これらの訳語は、あくまで私の「思い付き」で、通常の辞書には到底掲載されない訳語なのですが、軍事航空英語のような特殊な分野では、必要な場合もある(あった)のです。

なお、Aviation Assetsには、私が作った(ている)ユーザー辞書(Dictionary of Aviation Assets, DAA)を公開しています。

おわりに

私にとって、Personal Dictionaryと組み合わせられた英辞郎は、私が使っている辞書の中で最も充実しかつ便利な辞書となっています。当分は、英辞郎のお世話になり続けることでしょう。

発行:Aviation Assets, 17 April 2018

アクセス回数:773