AVIATION ASSETS

陸上航空の教育訓練、運用、装備、安全等に関連する米軍情報の発信源

Twitterの活用

Twitterを始めたわけ

Aviation Assetsを始めるまでは、TwitterをはじめとするSNSには全く興味がなかったのですが、Aviation Assetsに記事を投稿したことをお知らせするのに便利だと思って使い始めました。

Twitterの活用法

以前は、Aviation Assetsに記事を掲載するたびに、手動で投稿していたのですが、現在は、Wordpressで新規記事を投稿すると、自動的にTwitterに記事が投稿されるようにしています。そのための方法としては、プラグインを使う方法もあるようですが、私の場合はPing送信サービスを使っています。細部は別のコラムで紹介したいと思います。

Aviation Assetsの記事投稿のお知らせだけでは、寂しいので陸軍航空に関連する英語のツィートを翻訳してリツィートし始めたところ、すっかりはまってしまい、今ではどちらかと言うとこちらの方がTwitterの主な使い道になっています。このためには、数多くのツィートの中から、必要なものを探し出す必要があるのですが、これが大変です。いろいろな方法を試しましたが、現在のところは、以下の2つの方法を用いています。

1つ目は、Twitterの「キーワード検索」を用いる方法です。次の検索ワードで検索を行っています。
V-22 OR H-60 OR H-47 OR AH-64 OR UH-1 OR AH-1 lang:en
余計なものも入ってしまいますが、まあ、良しとしています。キーワードは、「検索メモ」に登録しておくと便利です。ツィッターでの検索については、ぼくらのハウツーノートさんの「Twitter検索オプションと高度な検索」に詳しい説明があります。

2つ目は、Google Newsを用いる方法です。Manage Sectionsで各機種の型式ごとの検索結果を表示させれば、該当するニュースが標示されます。個別のニュースを選択して表示させると、たいていの場合はTwitterのボタンが設置されていますので、そこからTwitterに投稿します。

なお、一時は、全くの個人的な趣味でPerfumeに関する情報もリツィートしていたのですが、ある方から「いらない」というご指摘がありましたので、それ以降はやめています。

Facebookとの連携

別の方から「Facebookでも情報を流した方が良い」とのアドバイスがありましたので、Facebookのアカウントを作成し、Twitterへの投稿が自動的にFacebookへも投稿されるように設定しました。この設定については、Social Media Labさんの「FacebookページとTwitterアカウントを連携させる方法は?」に詳しく記載されています。

発行:Aviation Assets, 3 May 2018

アクセス回数:65