AVIATION ASSETS

陸上航空の教育訓練、運用、装備、安全等に関連する米軍情報の発信源

航空事故回顧:AH-64D緊急操作訓練中の両エンジンの停止

AH-64D EP Training

夜間の緊急操作訓練を実施中、両方のエンジンのNP(パワータービン速度)がオーバースピードからエンジンを保護するための設定速度まで上昇し、両エンジンがシャットダウンした。このため、機体のローター回転速度が低下し、墜落した。この事故により、パイロット2名が死亡した。

飛行の経過

当該機は、単機での夜間飛行およびNVD(night vision device, 夜間飛行器材)の取扱に関する年次技量査定(Annual Proficiency and Readiness Test, APART)を実施していた。

当該機に搭乗していた訓練担当操縦士(standardization pilot, SP)は、当日の0700から1730までの間、支援施設における技術員として勤務していた。その間に機体の飛行前点検を実施するとともに、任務担当将校からのブリーフィングに基づいて飛行前ブリーフィングおよびリスク評価ワークシートの作成を行った。最終任務承認権者である飛行監督者(supervisor of flight, SOF)は、当該飛行任務のリスクを「低」と判断していた。その評価は、現地時間1745に出勤した教官操縦士(instructor pilot, IP)に伝えられた。

当日の気象は、高度10,000フィートに雲があり、視程は7マイルと予報されていた。風向風速は、南東の風、12ノットであった。気温は摂氏19度、気圧は30.12水銀柱インチ(in/Hg)であった。日没は現地時間1728、EENT(第2薄暮終了時刻)は1833、月照度は100%と予報されていた。月の高度は、水平線上19.75度であった。

現地時間1810、搭乗員に対するブリーフィングを機体の位置で実施し、その後、エンジンが始動して飛行指揮所との無線チェックを行った。現地時間1845、当該機は飛行場を離陸し、飛行場から2マイル南西に位置する訓練地域に向けて出発した。到着予定時刻は、現地時間1850であった。

最初の周回飛行間に、エンジン故障を模擬した訓練課目を実施した。2回目の周回飛行においては、NP(パワータービン速度)の低下を模擬した緊急操作を訓練した。前席の教官操縦士(instructor pilot, IP)は、対地高度(above ground level, AGL)約450フィートにおいて、課目を開始した。DECU(digital engine control unit)のロックアウト操作を行っている間に、双方のエンジンがオーバースピード保護の制限値以上に加速したため、両エンジンがシャットダウンした。墜落により、機体は破壊され、搭乗員が死亡した。

搭乗員の練度

後方座席に搭乗していたSP(standardization pilot, 訓練担当操縦士)の総飛行時間は4,000時間、AH-64の飛行時間が2,800時間、NVS(night vision system, 暗視装置)を用いた飛行時間が950時間、戦闘状況下での飛行が600時間、IP(nstructor pilot, 操縦教官)としての飛行が1,300時間であった。

前方座席に搭乗していたPI(copilot, 副操縦士)/IP(instructor pilot, 操縦教官)の総飛行時間は4,600時間、AH-64の飛行時間が2,500時間、戦闘状況下での飛行が1,700時間、IPとしての飛行が1,000時間であった。

考 察

事故調査の結果、#1エンジンのDECUのロックアウト操作を行おうとしていたにも関わらず、IPが良く確認しないまま#2エンジンのコントロールレバーをフライ位置から操作した状態で課目を開始してしまい、その後、#1エンジンへの操作を再度指示していたことが判明した。#2エンジンのコントロールレバーがフライ位置にない状態で#1エンジンのコントロールレバーがロックアウト位置に操作されたことから、双方のエンジンがオーバースピード保護機構の作動速度まで加速し、両エンジンがシャットダウンした。ローター速度が急激に減少し、機体は地面に激突した。

備考:NPオーバースピード保護機能についての説明は、Flightfax 2014年1月号のフライトファックス・フォーラムに掲載されている。

出典:FLIGHTFAX, No.46 February 2015, U.S. Army Combat Readiness/Safety Center

翻訳:影本賢治, アビエーション・アセット管理人

備考:本記事の翻訳・掲載については、出典元の承認を得ています。

アクセス回数:638

2件のコメント

  1. 管理人 より:

    Flightfax 2014年1月号に掲載されている、NPオーバースピード保護機能についての説明は、次回、掲載を予定しています。