AVIATION ASSETS

陸上航空の教育訓練、運用、装備、安全等に関連する米軍情報の発信源

フィードリーダーの活用

フィードリーダーって何?

フィードリーダーとは、ブログなどが配信用に発信する文書(フィード)を受信、読むためのソフトです。

私の場合は、Inoreaderというフィードリーダーを使用しています(他のものは使ったことがありません)が、自分が継続的に読むことにしているブログなどに新しい記事が投稿されたことが漏れなく確認できるし、それを簡単に読むことができるので非常に便利です。

Inoreaderの使い方に関しては、多くの記事がありますが、Google拡張機能データベースさんの「更新情報はこれで見逃さない!?Chrome拡張「Inoreader」」には、ChromeをベースとしたInoreaderの使い方が詳しく述べられていて、私には非常に参考になりました。

Aviation Assetsにおけるフィードの発信

WordPressには、記事を公開した時に自動的にフィードを発信する機能が最初から備わっているのですが、Avaiation Assetsのように自作したテーマを使用している場合は、functions.phpの「automatic-feed-links」を有効にしなければなりませんので注意が必要です。

PINGOO!を使った記事の拡散

フィードと似たような機能として、WordPressからは、Pingと呼ばれる記事更新情報も発信されているのですが、これを各種サーバーに拡散してくれるのがPing一括送信サービスです。自分の場合は、PINGOO!を使っています。このサービスの効果などについては、FXスイングトレードブログさんの「PINGOO!のアクセスアップ効果は?登録するべき?」に記載されています。

Aviation Assetsにおける効果のほどは、???なのですが、送信先にTwitterを設定すると、記事を更新した時に自動投稿してくれます。この目的のためだけにプラグインをインストールする必要がなくなりますので、こちらの機能は便利に使わせてもらっています。

発行:Aviation Assets, 4 May 2018

アクセス回数:293

1件のコメント

  1. 管理人 より:

    Twitterへの自動投稿は、投稿のタイミングが早すぎる(公開後に修正が必要になった場合など)が多いので、止めてしまいました。