AVIATION ASSETS

陸軍航空の情報センター

航空事故発生状況-テール・ローター・コントロールの喪失

当該H-60Mは、NVGを使用しVMCで滑走路に進入中、対地高度約80フィートで制御不能な右旋転に入った。機体は旋転を数回繰り返したのち、地上に墜落した。搭乗員1名が死亡し、2名が重傷を負った。

飛行の経緯

当該機の任務は、単機での昼・夜間飛行の練成であった。リスク評価および任務ブリーフィングは前日に完了し、潜在的なリスクは低いと判断されていた。搭乗員は現地時間1300に集合完了し、1330に飛行前点検を完了した。1500には、機体の位置において、搭乗員ブリーフィングを実施した。天候は、スキャッター(断続的な雲)5500フィート、ブロークン(とぎれとぎれの雲)によるシーリングが10000フィートと予報されていた。視程障害はなかった。風向は北西、風速9ノット、ガスト20ノットであった。月齢は満月で、特異な気象現象は報告されていなかった。当該機は1527に離陸し、着陸進入を訓練しながら目的地の飛行場に前進した。1830に到着し、エンジンを停止した。夕食後、2039にNVGを使用しながら帰投を開始した。
2300、飛行場に向けて飛行中であることを管制塔に報告した。管制塔は、滑走路に西向きに進入することを許可した。ベース・レグに向けて旋回したのち、着陸進入を許可された。滑走路にVMCで進入中、対地高度約80フィートで、左ペダルを一杯に踏み込んでも右ヨーイングが止まらなくなり、旋転が始まった。パワー・コントロール・レバーを引いてエンジン回転数を下げる前に、機体は旋転を複数回繰り返した。機体は、左脚を約10度下げ、機首を約10度上げた状態で地面に激突した。機体は左側に横転して停止した。副操縦士が死亡し、機長と機付長が重傷を負った。

搭乗員の練度

左席に搭乗していた機長は、総飛行時間2,160時間以上、そのうち機長としての飛行は773時間、UH-60での飛行は2,000時間(そのうち300時間はH-60M)、NVGを使用した飛行は890時間であった。また、戦闘状況下での飛行経験は800時間であった。右席に搭乗していた副操縦士の総飛行時間は1,200時間以上であり、そのうち機長としての飛行時間は300時間近く、UH-60での飛行は1,100時間(そのうち180時間はH-60M)、NVGを使用した飛行は300時間であった。また、戦闘状況下での飛行は677時間であった。右クルーチーフ席に搭乗していた機付長、13時間のNVG飛行を含め、総飛行時間が289時間であった。

考察

事故調査の結果、テール・ローター・ピッチ・チェンジ・シャフトに不具合が発生していたことが判明した。このため、テール・ローター・ピッチ・チェンジ・シャフトとテール・ローター・サーボが分離し、テール・ローターのピッチがニュートラルとなり、パイロットの操作に反応しなくなった。このため、機体に制御不能なヨーイングが発生し、旋転するに至った。
本事故の発生を受け、飛行安全指示(H-60-14-SOF-02)が発出され、ピッチ・チェンジ・シャフト・アセンブリ(サーボ・カップリング・アセンブリ)を目視点検し、シャフト・ハウジングの外側にある「スパナ・ナット」にコッター・ピンが適切に取り付けられていることを確認するワンタイムの検査が実施された。

【訳者注】
本記事は、2014年に発行されたFlightfaxの記事を翻訳したものです。
不具合が発生した「スパナ・ナット」がどこにあるのかは不明確ですが、ピッチ・チェンジ・シャフトとテール・ローター・サーボを結合するものでることから、テール・ローター・ギアボックスの内部にあるものと推定されます。
ちなみにUH-60のテール・ローター・ブレードのピッチは2本のケーブルでコントロールされていますが、そのうち1本のケーブルが切断されてもコントロールが失われることがなく、2本とも切断されてもピッチを中立状態に維持することで機体が旋転しないように設計されています。しかし、この「スパナ・ナット」が外れた場合にはブレードのピッチが完全にフリーになるので、テール・ローターの推力が失われ、機体が旋転してしまうことになります。

                               

出典:FLIGHTFAX, U.S. Army Combat Readiness Center 2014年02月

翻訳:影本賢治, アビエーション・アセット管理人

備考:本記事の翻訳・掲載については、出典元の承認を得ています。

アクセス回数:243

コメント投稿フォーム

  入力したコメントの修正・削除が必要な場合は、<お問い合わせ>フォームからご連絡ください。