AVIATION ASSETS

陸軍航空の情報センター

航空事故回顧 – AH-64Eの意図しない右旋転

事故機は、昼間の射撃練成訓練を実施中、機関砲のダイナミック・ハーモナイゼーション(訳者注:実弾射撃による零点規整)を開始するため、OGE(out of ground effect, 地面効果外)ホバリングに移行しようとした。機体が右旋転に入り、操縦中の副操縦士は、機体を制御できなくなった。機体は旋転しながら降下し、テールブームが地面に接触して機体から分離した。最終的に、機体は約5回転半旋転し、No.1側に横転した状態で停止した。搭乗員は自力で脱出した後、救助された。

飛行の経過

当該AH-64Eは、指揮官により承認された任務計画およびブリーフィングに従って射撃練成訓練を実施中であった。その任務は、危険見積(Risk Common Operating Picture, RCOP)を完了し、任務担当将校(mission briefing officer, MBO)による対面ブリーフィングが行われ、最終任務承認権者(final mission approval authority, FMAA)により飛行任務が承認されていた。AH-64Eの2機編隊は、統合末端攻撃統制官(Joint Terminal Attack Controllers, JTACs)と共に実弾射撃を伴わない訓練を実施したのち、機関砲のハーモナイゼーションを行うことになっていた。この2時間の訓練飛行は、12時間の初動対応部隊勤務の交代に合わせて実施することが認可されていた。本訓練飛行のリスクレベルは「通常」と評価され、最もリスクが高いのは機関砲のハーモナイゼーションであった。事故機の機長は、翌日の任務の遂行に備えるため、事故前日の勤務終了時に搭乗員ブリーフィングを行っていた。

1032、地上試運転および無線チェックを完了した搭乗員は、2機編隊で飛行場を離陸した。事故機は第1射撃位置、編隊指揮官が搭乗したもう1機のAH-64Eは第2射撃位置に割り当てられていた。当該2機編隊は、飛行場の南西約18キロメートルに位置する射場に進入し、すでに射場に展開していた統合末端攻撃統制官に到着を報告した。事故機は、計画どおりに約1時間20分間の実弾射撃を伴わない射撃訓練を実施したのち、機関砲のダイナミック・ハーモナイゼーションへと移行した。最初に事故機が指定されたホバリング射撃位置に進入した。ホバリング射撃位置の手前まで来た時、機体の制御が失われてマストを中心に機体が右旋転し始め、地面に墜落した。

搭乗員の練度

機長の総飛行時間は889時間で、そのうち機長としての飛行時間が198.7時間、AH-64Eの飛行時間が289時間、夜間飛行器材を使用した飛行時間が234時間であった。副操縦士の総飛行時間は314時間で、そのうちAH-64Eの飛行時間が239時間、夜間飛行器材を使用した飛行時間が113時間であった。

考 察

連邦航空局の「ヘリコプター飛行ハンドブック」には次のとおり記載されている。「LTE (Loss of Tail Rotor Effectiveness, テール・ローターの効果損失) とは、テール・ローターのコントロール・マージンが不足した場合に生じる空気力学的現象をいう。テール・ローターを使用するすべてのシングルローター・ヘリコプターには、この現象が発生する可能性がある。この現象の特性および生じやすさには機体の設計が影響しうるが、完全に発生しないように設計することは不可能である。」

同ハンドブックには、LTEの発生要因について次のとおり説明されている。
(1) メイン・ローター・ブレードの下降気流によるテール・ローター・アセンブリへの空気流入の妨げ
(2) メイン・ブレードの先端渦のテール・ローター・ディスクへの流入
(3) タービュランス(乱気流)などの自然現象によるテール・ローター周辺の空気流への影響
(4) 高出力状態によるメイン・ローター・ピッチ角の増加とそれに伴うメイン・ローター・ブレードのダウンウォッシュの増大による乱流の発生
(5) 低速前進飛行状態による遷移揚力・推力の生成に伴うテール・ローター周辺の空気流の方向・速度の変化
(6) 特に10時方向±15度およびそこから5時方向までの相対風によるヘリコプター周辺の空気流への影響

LTE関連事故を回避するために最も重要なことは、LTEの空力現象を理解することである。そのうえで、LTEを早期に感知し、速やかに是正措置(サイクリックを前方に倒して対気速度を回復し、左ペダルを踏み、コレクティブを下げる-テール ローターへの出力要求を低減する)を行うことが安全なリカバリーの鍵となる。ただし、最善策は先に述べたLTEの要因を回避し、ヘリコプターを危険な状態にさらさないことであることを忘れてはならない。

                               

出典:FLIGHTFAX, U.S. Army Combat Readiness Center 2023年10月

翻訳:影本賢治, アビエーション・アセット管理人

備考:本記事の翻訳・掲載については、出典元の承認を得ています。

アクセス回数:287

コメント投稿フォーム

  入力したコメントの修正・削除が必要な場合は、<お問い合わせ>フォームからご連絡ください。