AVIATION ASSETS

陸軍航空の情報センター

書籍紹介:ドリーム・マシーン

悪名高きV-22オスプレイの知られざる歴史

リチャード・ウィッテル 著
影本 賢治 訳

米海兵隊がV-22オスプレイと呼ばれるティルトローター(ヘリコプターと飛行機のハイブリッド機)の調達を決定したとき、その機体は「ドリーム・マシーン」だと思われていた。ヘリコプターのように垂直に離陸、着陸、ホバリングし、かつ飛行機のように速く、遠くまで飛行できる能力を有するティルトローターは、航空界にとって、北極海における北西航路の探索に匹敵する価値があるものと考えられたのである。この航空機が民間航空の世界に変革をもたらすと予言したり、米海兵隊が生き残るための鍵であると考える者も少なくなかった。

2000年頃、9年ものスケジュールの遅れと数10億ドルもの経費超過を生じさせていたオスプレイは、技術的なハードル、ビジネス上の敵対関係及び装備化に関わる政治的論争に翻弄され続けていた。米国防総省史上最悪の無駄遣いである、という反対勢力の酷評にも関わらず、海兵隊は何が何でもオスプレイを装備化しようとしていた。そして、2件の墜落事故により23名の海兵隊員の生命が失われてもなお、オスプレイに固執し続けた。それは、ある指揮官がこの航空機が有する問題点について虚偽の報告をするように部下たちに命じているという告発が国家的なスキャンダルとなっても変わることはなかった。

本書「ドリーム・マシーン」が、徹底的な調査や数百回におよぶインタビューに基づいて描き出すのは、米海兵隊がオスプレイを戦場に送り込むまでの四半世紀に渡る闘争である。著者であるウィッテルは、国防総省や議会の廊下からイラクの交戦地帯へと、そしてオスプレイを懸命に設計する技術者たちの製図台からオスプレイを命懸けで操縦する民間および海兵隊パイロットたちのコックピットへと読者を誘う。その上で、ティルトローターを設計し、販売し、調達し、操縦し、戦い抜いた男たちの動機、手段、そして執念を解き明かしてゆく。本書は、オスプレイがその悪名を馳せることになった墜落事故に関する未発表の目撃証言などの海兵隊の歴史に刻むべき事実だけではなく、航空輸送の世界に尚も革命をもたらそうとしているこのマシーンの魅力についても余すことなく描き出している。

要約(訳者作成)

プロローグ
2000年4月8日、アリゾナ州マラーナでV-22オスプレイが墜落し、19名の海兵隊兵士たちが死亡した。その8ヵ月後にさらに4名が死亡する事故が発生し、可動率に関する虚偽の報告が国家的スキャンダルとなると、オスプレイは「未亡人製造機」などと酷評されるようになり、その計画は中止の危機に追い込まれた。その困難を乗り越えたオスプレイが初めての戦場デビューを果たしたのは、2007年のイラク戦争への派遣であった。

「(開発段階において4件の事故が発生した後、批評家の)中には、このような野獣は再び人を殺す前に抹殺されるべきだ、とペンタゴンや議会に詰め寄る者もいた。」

「(イラク戦争は、)かつては実在すると信じられていた任務のために提案されたプロジェクトであり、すぐに悪夢へと変わってしまった夢を見ながら始まった冒険的企てであった。オスプレイとそれが最初に投入された戦争の間には、多くの共通点があったのだ。」

第1章 夢(ドリーム)
オスプレイ開発の原動力になったのは、「鳥と同じように空を飛びたい」という人類の夢であった。その夢を実現させたのは、発明家や個人起業家ではなく、軍産複合体であった。

「このティルトローターは、24名の兵員を乗せ、通常の兵員輸送ヘリコプターと比較して、4倍遠くまで、2倍の速度と高度で飛行することができる。兵員や貨物を乗せなければ、2000マイル(約3700キロメートル)以上を飛行できる。」

「ティルトローターという優れた能力を持つ航空機は、動力飛行の初期段階からの大きな夢の1つであった。その夢には、勢いがあった。その夢は、何十年もの間、多くの人を動機づけ、関係する国家機関を活性化し続けたのである。」

第2章 営業担当者(セールスマン)
夢を売るためには伝道師のような地道な努力が必要であることを学んだオスプレイの営業担当者ディック・スパイビーは、ドリーム・マシーンであるオスプレイへの信仰を深めていった。

「(ティルトローターという)この方式は、コンバーチプレーン設計者にとっての中心的な課題に対する有力な解決策であった。その課題とは、1つの機体において、揚力と推力を発生させるための2種類の形態をいかにして実現するか、ということであった。」

「ヘリコプターは、軍が大量発注するには、あまりにも脆弱すぎたし、新しすぎた。先見の明のある戦術家や戦略家をもってしても、ヘリコプターの本当の使い道やその使い方が全く分かっていなかったのである。」

第3章 顧客(カスタマー)
イーグル・クロー作戦が失敗し、長距離飛行が可能な垂直離着陸機が必要と考えられるようになる中、オスプレイの顧客は海兵隊であるべきだと考えられるようになった。

「1970年代、アメリカ海兵隊は、危機に直面した時に大統領が最初に目を向ける、国家の「戦力投射」を担う軍隊としての地位を維持する方策を探求していた。そのためには、フロッグ(CH-46)よりも速く海兵隊員を戦場に運ぶ方法を見つけなければならなかった。」

「デザート・ワンの悪夢は、米軍に劇的な変化を引き起こした。その1つは、国防総省や連邦会議が特殊作戦のための装備品の調達に新たな関心を持つようになったことであった。」

第4章 販売(セール)
オスプレイの販売に最も貢献したのは、ティルトローター研究機であるXV-15と、そのパリ航空ショーでの活躍、そして、それへの有力者たちの試乗であった。

「(ティルトローター実験機である)XV-15がヘリコプターのようにも飛行機のようにも飛行できる航空機の製造が可能であることを証明したこと、および1980年4月のイラン救出作戦が失敗に終わったことから、軍は、新しい技術に向け、より精力的に取り組むようになっていた。」

「XV-15は、非常に困難な課題を解決していた。その課題は、誰もが尊敬する航空工学教授であるアレキサンダー・クレミンが1938年に述べていたものとほぼ同じものであった。それは、「実質的に鳥が空でできることすべて」を行うことである。」

第5章 機体(マシーン)
オスプレイに対する軍からの要求事項は、その機体をXV-15のような美しいものではなく、野獣のようなものにしてしまった。

「小さなローター直径で重い重量を持ち上げなければならないJVXのディスク・ローディングは、20ポンド毎平方フィート以上という極めて大きなものになりそうであった。この大きなディスク・ローディングは、いくつかの問題を生じさせ、激しい議論を巻き起こすことになる。」

「(ベル社とボーイング社の)両社長や彼らの会社や政府は、50対50のパートナーシップが構造的な問題を有していることに気づくのであった。誰も責任を取らないのである。このため、大きな問題が発生した場合に、解決を図るのが非常に困難であり、実際にそうなることも多かった。」

第6章 若き海軍長官のオスプレイ
オスプレイの名付け親となり、その装備化を強力に推し進めた若き海軍長官のジョン・レーマンは、ベル・ボーイングに次々と厳しい要求を突き付けた。

「オスプレイは、ますます重くなり続け、あらゆる設計上の問題点や、機体に使用する複合材料をめぐるボーイング社とNAVAIRとの闘いや、エンジンの変更により、その事業はスケジュールから遅れていった。」

「オスプレイは、(航続距離の短いヘリコプターとは違い、)海を超えて自ら展開することができる。海兵隊に対し、「ファースト・トゥ・ファイト(戦いの先陣を切れ)」という自らの理念を実現するための、独自の手段をもたらすことができるのである。」

第7章 1つの暗闇の時間(ワン・ピリオド・オブ・ダークネス)
オスプレイの計画を中止させようとするディック・チェイニー国防長官とその計画を推し進めようとするカート・ウェルダン下院議員の攻防の最中、オスプレイの最初の事故が発生した。

「その速度と航続距離で優位に立つオスプレイは、ほとんどの軍事作戦においてヘリコプターよりもはるかに効果的である、とIDAは結論づけた。ただし、強襲上陸の遂行においてはわずかに優位なだけに留まった。」

「(カート・ウェルダンの手紙には、1989年の)夏の日に日本の通産大臣である松永光がベル社のティルトローター工場を研修した際のコメントが記されていた。『米国がこれを作ったら、日本はそれを買うだろう。もし、米国が作らなければ、日本が作る』」

第8章 生存性(サバイバビリティ)
オスプレイの2回目の事故(最初の死亡事故)が発生したが、オスプレイを支持するクリントンが大統領選に勝利し、オスプレイの夢は辛くも生き残ることとなった。

「古くからのジョークに『ヘリコプターは飛んでいるんじゃない。空気を叩いて浮かんでいるんだ』というのがある。その意味では、オスプレイはまさしく『飛ぶ』のである。」

「(チャールズ・ウィルソンは、)航空の世界、特に軍用機の世界において、墜落は初めてのことではない、と言った。『もし、墜落するたびに事業を中止していたら、サダム・フセインは、今でもリヤドでシャンパンを飲んでいる』」

第9章 もう1つの暗闇の時間(アナザー・ピリオド・オブ・ダークネス)
19名の死亡者を出した3回目の事故(2回目の死亡事故)が発生すると、オスプレイの前途には再び暗雲が立ち込めた。

「すべての新米記者が学ぶことだが、『人が犬に噛み付いた』のであればニュースになるが、『犬が人に噛み付いた』のは大したネタでなく、一面記事とはなりえないのである。1999年、オスプレイは、『犬が人に噛み付いた』程度のネタになっていた。」

「『ある環境における試験を評価項目から外すということは、飛行部隊のパイロットをテスト・パイロットにすることを意味する』オスプレイに関しては、この警告的予言が的中するのであった。」

第10章 弱り目に祟り目
不幸な事故から立ち直ろうとしたとき、4回目の事故(3回目の死亡事故)が発生し、さらには整備記録の改ざんという不祥事が国家的スキャンダルへと発展した。

「VMMT(海兵中型ティルトローター訓練飛行隊)-204の(2000年)11月のMC(任務可能状態)可動率は、平均26.7%で、公表されているオスプレイの目標値である75%をはるかに下回っていた。FMC(完全任務可能状態)可動率は、わずか7.9%であった。」

「(2001年には、かつて)ティルトローター・テクノロジー連合のメンバーの1人であったドナルド・トランプも、意見を変えてしまった。『パイロットは、ヘリコプターか飛行機かどちらかを操縦すべきであって、両方を同時に操縦すべきではないのだ』とナイト・リッダー紙の記者に語った。」

第11章 暗黒の時代(ダーク・エイジ)
事故の影響で飛行停止となり、機体の大規模な改修を余儀なくされたオスプレイの運命は、ブルーリボン委員会と呼ばれる専門家たちで構成される委員会の決定に託された。

「(2001年、ブルーリボン委員会は、)V-22構想に根本的な欠陥があるという証拠はないし、海兵隊や空軍特殊コマンドにとって、ティルトローターが可能なことを実現できる航空機は他にないであろう、とその報告書の中で述べた。」

「最大の過ちは、計画を実行するために与えられた時間、つまりスケジュールであった。海兵隊やNAVAIRの指導者たち、ベル社およびボーイング社の重役たちなど、関係者全員が同意するのは、オスプレイ計画は「スケジュール駆動型」ではなく「イベント駆動型」でなければならなかった、ということであった。」

第12章 不死鳥(フェニックス)
再設計と再試験を終えたオスプレイは、不死鳥のようによみがえった。イラク戦争に派遣されたオスプレイは、その任務を完遂した。ディック・スパイビーにとって、ティルトローターは、ドリーム・マシーンであり続けた。

「(2003年に行われたHROD試験により、)オスプレイのボルテックス・リング・ステートの限界は、世界中のどの回転翼機よりも詳細に研究され、何の疑いもないレベルで確立されたのである。」

「(2003年、)アビエーション・ウィーク誌は、次のように報じた。『1年間の厳格に監視された飛行試験は、V-22の将来に逆転劇をもたらした』この記事の見出しは、『オスプレイ、フェニックス(不死鳥)のように蘇る』であった。」

エピローグ
マラーナでの事故から10年後、空軍特殊作戦コマンドのCV-22Bオスプレイがアフガニスタンで落着し、4名が死亡した。事故調査の結果は判然としないものであったが、もはやマスコミはオスプレイの事故にあまり注目しなくなっていた。海兵隊と空軍は、引き続きオスプレイを装備する飛行隊の創設を続けている。民間用ティルトローターの開発も進んでいる。まだ時間はかかるであろうが、ティルトローターは、必ずや世界を変えることになるであろう。

「アフガニスタンでは、MV-22Bの信頼性が大きな問題として残った。しかし、『敵火』が存在する降着地域において、ティルトローターは敵の目標になりやすい、という批評家たちの予想は完全に覆された。」

「進歩というものは、夢を見る者(ドリーマー)たちによりもたらされるものなのである。特に航空の世界においては、これまでずっとそうであった。夢を持つ者でなければ、空の征服を企てることはできない。その夢は、受持区域にあるのだ。」

著者紹介

RICHARD WHITTLE(リチャード・ウィッテル)

「Dallas Morning News(ダラス・モーニング・ニュース)」紙に22 年間、米国防総省に関する記事を掲載し続けるなど、30 年以上にわたって軍事および航空に関する諸作を発表。

ワシントンDC在住。

訳者紹介

影本 賢治(かげもと けんじ)

陸上自衛隊航空科職種の整備幹部として、米陸軍機関誌の翻訳、オスプレイの装備化などに関わる業務に従事。退職後は、ウェブサイト「AVIATION ASSETS(アビエーション・アセット)」を運営し、米軍機関誌の翻訳記事を掲載中。

北海道旭川市在住。

リチャード・ウィッテルおよびドリーム・マシーンへの賛辞(原書「The Dream Machine」より)

「小説のように離陸し、情報源を明らかにした歴史的調査のように飛ぶ本である」
 ―グレーテル・C・コバック、サンディエゴ・ユニオン・トリビューン紙

「ウィッテルは、製図版から現実までのこの航空機の進化を巧みに描いている。トレイシー・キダーの『ザ・ソウル・オブ・ア・ニュー・マシーン』の軍用バージョンだ」
 ―カーカス・レビュー

「最先端の軍事・航空テクノロジーを愛する者たちにとって、偉大な冒険談だ」
 ―マーク・トンプソン、ワシントン・マンスリー誌

「ウィッテルは、悲惨な事故、予算上の障害、政治的締め付け、そして言うまでもなく尊い命を失いながらもオスプレイへの献身を続けた海兵隊を語ることにより、ワシントンでの物事の行われ方についての教訓的事項を明らかにした。現代の政府、現代の政治、そして現代の軍事政策に興味を持ち、その3つを一度に知りたいと思う者であれば誰でも、ドリーム・マシーンを読んだことに満足することであろう」
 ―フィリップ・タージアン、ウィークリー・スタンダード誌

「本書『ドリーム・マシーン』を面白くしているのは、ワシントンの『恒久政府』であるロビイストやコンサルタントおよび官僚や請負業者たちに光を当てたことである・・・ウィッテルが書き表した教訓のひとつは、この国で巨大な金権のプールの中を泳ぐチャンスを逃す者はいないということであり、その中でも最大の魚は軍需企業であるということだ」
 ―マシュー・コンティネッティ、ワシントン・ポスト紙ブック・ワールド

「『ザ・ライト・スタッフ』の著者であるトム・ウルフは、ウィッテルがこの航空歴史書を『ザ・ローター・スタッフ』と呼んだとしても許してくれることだろう。その物語は、『衝撃破』という音速の壁を超え真空の宇宙に飛び込んだジェット・パイロットたちの物語と同じくらいに面白いからだ。ぜひ、この本を読んでもらいたい。これは、単に貴重な航空史であるだけではなく、技術的革命のために人類が払った犠牲を思い出させ、将来も同じような代償が強いられることを予想させる物語だからである」
 ―デビッド・H・ガーニー大佐、米海兵隊(退役)、USMC(RET。)、プロシーディングス誌

「リチャード・ウィッテルの航空機の開発および調達に関するこの物語は、古典になることが運命づけられている・・・これよりも精密な仕事を見出すことは、ほとんど不可能かも知れない」
 ―ウィル・ホラハン大佐、米海兵隊予備役(退役)、ザ・オフィサー誌

「ウィッテルは、本書を執筆するにあたって、『良いことと悪いことの双方を取り上げ、その事実に自分自身を語らせるように努めた』と言っている。彼は、そのことに成功している」
 ―スティーブ・ワインバーグ、ダラス・モーニング・ニュース紙

「200回以上のインタビューから、ウィッテルは、事故の続発、量産の遅延、および何十億ドルものコスト超過にも関わらずオスプレイを継続しようとした国防総省の戦略会議と、国会議事堂の隠れたミーティングを再構築している。素晴らしい本である」
 ―ディル・アイスマン、バージニアン・パイロット紙

「ウィッテルは、読者を軍産複合体の閉じられたドアの裏側から墜落するオスプレイのコックピットの中まで連れて行き、正確かつ臨場感あふれる物語を提供してくれる」
 ―アビエーション・メインテナンス誌

ウィッテルは、「手加減しないが、卑怯な手も使っていない。そのため、科学、政治、および陰謀についての魅力的な話が続く、誰もが面白く読める本になっている」
 ―ライン・オブ・デパーチャー誌、Military.com

「細心の注意を払った調査により・・・気が遠くなるほどに複雑な国防総省の調達システムの内情を暴き出している」
 ―ネイサン・ホッジ、デンジャー・ルーム誌、wired.com

「技術冒険談であり、複雑な国防総省政策への道標である」
 ―ベン・スチールマン、スターニュース紙(ノースカロライナ州ウィルミントン)

「オスプレイ計画が生き残ったことは、作り話ではない真実である・・・ウィッテルは、その論争や内紛が実際に行われた密室や会議室に我々を連れて行ってくれる。彼は、論争となることを避けようとせず、無数の小さな旧知の事実に光を当てながらオスプレイの物語を構成している」
 ―ビル・パワーズ大佐、海兵隊(退役)、マリーン・コー・ガゼット誌

「ドリーム・マシーンは、人間ドラマ、技術的推理小説、戦史、アメリカの軍事および経済の将来に影響を及ぼす主要な問題点をめぐる真相を上手に組み合わせている。これは、末永く読まれることになる貴重な読み物である」
 ―ジェームズ・ファローズ、アトランティック・マンスリー誌、「National Defense」著者

「過去四半世紀で最も物議を醸した飛行機に秘められた興味深い歴史である。ウィッテルは、民間航空の将来を担う可能性のある全く新しい新型軍用飛行マシーンがもたらす期待と危険を公平に描写している」
 ―ビング・ウェスト、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー作家、「ザ・ビレッジ」および「ザ・ストロンゲスト・トライブ」の著者

「この説得力のある貴重な本の中で、真の記者の中の記者は、厳しい質問を投げかけるとともに、安易な回答に甘んじることを拒絶している。ウィッテルは、海兵隊がV―22オスプレイを手に入れるために繰り広げた25年間の荒れ狂うような闘争という現実のミステリーを解き明かした。ひとりの読者として、あるいはひとりの市民として、ドリーム・マシーンを読まずにはいられないであろう」
 ―マーク・シールズ、同時配給コラムの著者であり、報道番組「PBSニュース・アワー」の政治アナリスト

「ドリーム・マシーンは、航空界を釘付けにし、何十億ドルもの金と何十人もの命を費やした飛行マシーンであるオスプレイについて、その探求の過程を描いた魅力的な物語である。何十年もの間、将軍、技術者、およびパイロットたちをじらし続けたその航空機のように、本書ドリーム・マシーンもまた、ハイブリッドなものとならざるを得ず、『ザ・ソウル・オブ・ア・ニュー・マシーン』と『ブラック・ホーク・ダウン』の中間物のような側面がある」
 ―ブラッド・マトセン、元パイロット、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー作家、「ザ・シー・キング」著者

「細心の注意を払って調査し、きっちりと書かれたリチャード・ウィッテルのドリーム・マシーンは、息を飲むような人間ドラマとともに技術的な詳細を述べながら、最も物議をかもした戦闘マシーンのひとつであるV―22オスプレイの魅惑的な歴史をテンポ良く語っている」
 ―エリック・シュミット、ニューヨーク・タイムズ紙テロ専門特派員 

日本語版の紹介

Jウイング 2018年11月号 「訳者が登場 気になるアノ本」

航空情報 2018年11月号 「AR.TRANSPONDER」

木更津市議会議員 近藤 忍 ウェブサイト 「最近思うこと」
http://sinobu.com

ウェブサイト「読書メーター」Admiral2009さんの感想・レビュー
https://bookmeter.com

ウェブサイト「読書メーター」スプリントさんの感想・レビュー
https://bookmeter.com

日本経済新聞2018年10月20日
https://www.nikkei.com

竹蔵雑記
http://takezo.cocolog-nifty.com

日本語版の販売元など

● 鳥影社
https://www.choeisha.com

● Amazon(中古品も購入できます。)
https://www.amazon.co.jp

● 楽天市場
https://books.rakuten.co.jp

● ヨドバシドットコム
https://www.yodobashi.com

● 書 店
こちらのサイトでご確認ください。(このほか、全国の書店で注文できます。)
https://honto.jp

● 図書館
こちらのサイトでご確認ください。(現在地を入力すると検索結果が表示されます。)
https://calil.jp

お詫びと訂正

4ページに掲載しているV-22オスプレイの開発中の事故で亡くなった方のお名前および階級に翻訳ミスがありました。謹んでお詫び申し上げます。

訂正は、次のとおりです。

ホセ・アルバレス・ジュニア軍曹→ホセ・アルバレス・ジュニア3等軍曹
カン・ソレルランス伍長→カン・ソレル伍長
ジェイソン・T・デュークランス伍長→ジェイソン・T・デューク上等兵
イエスゴンザレス・サンチェスランス伍長→ジーザス・ゴンザレス・サンチェス上等兵
セス・G・ジョーンズランス伍長→セス・G・ジョーンズ上等兵
ホルヘ・A・モリンランス伍長→ホルヘ・A・モリン上等兵
ケネス・O・パディオ伍長→ケネス・O・パディオ上等兵
ジェイソン・A・バイク軍曹→ジェイソン・A・バイク3等軍曹

翻訳者が海兵隊兵士の階級に不慣れかつ不注意だったことが原因です。本文中に登場する方のお名前などではありませんが、オスプレイ開発中の事故で尊い命をなくされた方々およびそのご遺族に対し、大変失礼なことをしてしまいました。
本書をお買い上げ頂いた皆様におかれましては、大変お手数ではございますが、上記訂正を行って頂けますよう、お願い申し上げます。

出典:The Dream Machine: The Untold History of the Notorious V-22 Osprey, Simon&Schuster Paperbacks

アクセス回数:8,413

10件のコメント

  1. 管理人 より:

    日本におけるオスプレイ導入事業に携わっている方や、様々な観点からそれに関心を持つ方に、ぜひ読んでいただきたい本です。現在、管理人が翻訳・出版を準備中です。

  2. 管理人 より:

    管理人が翻訳した「ドリーム・マシーン」の校正が完了しました。平成30年8月中旬以降に出版される予定です。

  3. 管理人 より:

    本日、「ドリーム・マシーン」の販売が開始されました。この本を読むこと自体がひとつの冒険です。オスプレイに賛成する方でも、反対する方でも、思わぬ事実に遭遇できるはずです。ぜひ、ご一読ください。

  4. 管理人 より:

    本書の購入を検討していただいている方から、「何が書かれている本なのか、分からない」という意見がありました。また、本書を購入した方からは、「知りたいことがどこに書かれているのか、分からない」というご指摘もありました。このため、「要約」を作成してみましたので、参考にしていただければと思います。

  5. 管理人 より:

    要約に「将来の方向性のようなもの」が読み取れるようにした方が良い、というアドバイスをいただきましたので、エピローグの要約を追加してみました。あわせて、プロローグの要約も追加しました。

  6. 管理人 より:

    本書を紹介して頂けた雑誌やウェブサイトへのリンクを追加しました。

  7. 管理人 より:

    本書の販売元の紹介に「honto」様と「カーリル」様へのリンクを追加しました。

  8. 管理人 より:

    本書をお読みになった方からの感想などを、こちらのコメントに頂けると嬉しいです。

  9. 管理人 より:

    Wikipedia へのリンクを追加しました。このうち、「ブルーリボン委員会」は、管理人がWikipedia英語版の記事を翻訳し、日本語版に掲載したものです。

  10. 管理人 より:

    「要約」に、各章のキーセンテンスを追加しました。