AVIATION ASSETS

陸軍航空の情報センター

FM 3-04.7 Army Aviation Maintenance

米陸軍の航空整備に関する教範です。整備の基礎、整備段階区分及び整備部隊、整備及び兵站管理支援プログラム及び器材、航空自動整備・兵站管理システム、航空兵站将校、生産管理、品質管理、航空兵站/技術補給管理、器材及び機体修理小隊の整備管理、航空整備の新たな構想等が記述されています。

【部分訳】

TWO-LEVEL MAINTENANCE
2段階区分による整備

A comprehensive unit maintenance program is critical for the sustainment of weapon platforms, aircraft systems and subsystems, and ground support equipment (GSE). A well-established and managed maintenance program exponentially increases the availability of operational assets for aviation maneuver commanders conducting training and tactical missions.

すべてのウェポン・プラットフォーム、航空機システムやサブシステム、及び航空地上支援器材(ground support equipment, GSE)の維持のためには、包括的な部隊整備プログラムが必要である。整備プログラムの適切な施行・管理を行うことにより、訓練を実施し、戦術任務を遂行する航空機動部隊指揮官が装備品を活用できる環境を構築しなければならない。

SECTION I – TWO-LEVEL MAINTENANCE
第1部 2段階の整備段階区分
2-1. AR 750-1, Department of the Army Pamphlet (DA PAM) 750-1, and DA PAM 738-751 outline the concepts, roles, responsibilities, and authority requirements of the Army maintenance program. Field- and sustainment-level maintenance comes under the Army national maintenance program (NMP). The CAB/air cavalry services (ACS) commander are responsible for providing resources, assigning responsibility and training the Soldiers for field-level maintenance.

2-1. AR750-1、DAパンフレット750-1およびDAパンフレット738ー751は、陸軍整備プログラムの概念、役割、責任及び権限について概説している。NMP(National Maintenance Programm, 陸軍国家整備プログラム) は、「フィールド(field, 前方整備)」と「サステインメント(sustainment, 後方修理)」に分類される。戦闘航空旅団(combat aviation brigade, CAB)および空中騎兵部隊(air cavalry services,ACS)の指揮官は、フィールド・レベル・メインテナンスの管理、人事および訓練について責任を負う。

2-2. The aviation maintenance strategy provides maintainers with the ability to replace forward and repair in the rear. In contiguous and noncontiguous areas, the rear is generally defined as an area with higher security and capability. Aviation maintainers will continue to repair limited items forward within the ASB, returning repaired components to the customer or stock shop.

2-2. 前方の整備部隊には交換能力、後方の整備部隊には修理能力を保持させるというのが、航空整備の基本的な考え方である。連続及び非連続戦闘地域のいずれにおいても、一般的に、より高い警戒と機能を提供できるのは、後方地域である。ただし、一部の限定された品目については、前方の航空整備部隊が修理を実施し、修理を完了した機器を使用部隊又は補給部隊に還元する。

FIELD MAINTENANCE
フィールド・メインテナンス(前方整備)
2-3. Field maintenance is performed by CAB/ACS personnel assigned to maneuver companies/troops, AMCs/AMTs, and ASCs. Flight companies perform authorized maintenance procedures within their capability. AMCs/AMTs assigned to aviation maneuver battalions and squadrons provide maintenance support to maneuver companies. Aviation maneuver battalion AMCs and squadron AMTs are more agile, flexible, and mobile than ASCs because of reduced sets, kits, outfits, and tools (SKOT).

2-3. フィールド・メインテナンスは、機動中隊・部隊(maneuver companies/troops)、航空整備中隊・部隊(aviation maintenance companies/troops, AMCs/AMTs)及び航空支援中隊(aviation support companies, ASCs)に配属された戦闘航空旅団/空中騎兵部隊の要員により実施される。飛行中隊は、その能力の範囲内で、許可された整備項目を実施する。航空機動大隊・飛行隊に配属された航空整備中隊・部隊は、機動中隊に対する整備支援を実施する。航空機動大隊の航空整備中隊・部隊は、セット、キット、装備、工具、特殊工具(sets, kits, outfits, tools, and special tools, SKOT)が少ないため、航空支援中隊よりも迅速かつ柔軟な移動が可能である。

2-4. The AMC/AMT and ASC are authorized to perform field-level maintenance according to the source maintenance and recoverability (SMR) code and MAC. Specific task will be accomplished based on modified table of organization and equipment (MTOE) set, kits, and outfits assigned to the command and qualified personnel available to perform the required task. The ASC provides pass-back capability to sustainment level.

2-4. 航空整備中隊・部隊および航空支援中隊は、補給・整備・回収能力(SMR)コードおよび整備段階区分表(MAC)の示すところに従い、フィールド・レベル・メインテナンスを実施する。各部隊は、修正編制装備表(MTOE)のセット、キット、ならびに割り当てられた装備、および要求された業務に割り当て可能な資格を有する人員に応じた任務を遂行する。航空支援中隊は、サステインメント・レベルへの後送を担任する。

SUSTAINMENT MAINTENANCE
サステインメント・メインテナンス(後方修理)
2-8. According to ADP 4-0, sustainment maintenance is the Army strategic support. The strategic support base is the backbone of the NMP and the sustainment maintenance system. At this level, maintenance supports the supply system by economically repairing or overhauling components. Maintenance management concentrates on identifying the needs of the Army supply system and managing programs to meet the supply system demands.

2-8. ADP 4-0には、サステインメント・メインテナンスは、陸軍の戦略的支援であると記述されている。この戦略的支援の基盤となるのは、陸軍国家整備プログラムおよびサステインメント・メンテナンス・システムである。サステインメント・メインテナンスの主体は、機器の修理及びオーバーホール整備であり、これらにより経済的に補給システムが維持される。サステインメント・メインテナンスの管理の焦点は、陸軍補給システムのニーズを把握し、補給システムの要求を満たすことにある。

2-9. Sustainment maintenance support is divided and primarily performed by three separate entities. The original equipment manufacturers (OEMs) and their CFSRs. The Army sustainment facilities, located at fixed-bases in the continental United States (CONUS); and by the national maintenance (NM) source of repair (SOR).

2-9. サステインメント・メインテナンス・サポートは、「装備品等供給企業(original equipment manufacturers, OEM)及びその企業現地支援要員(contractor field service representatives, CFSR)」、「米国本土の固定基地に位置する米陸軍補給処」並びに「国家修理機関(national maintenance sources of repair)」の3つの別々の組織が分担して実施する。

2-10. On a case-by-case basis, the CAB may request a letter of authorization (LOA) asking for specialized repair authorization or aircraft repair authorization from Aviation and Missile Command (AMCOM) LARs to perform limited sustainment-level repairs on specific equipment classified as sustainment-level according to the MAC. These LOAs can also request one time repair from depot field teams or theater aviation sustainment maintenance group (TASMG). Figure 2-1 depicts two-level maintenance illustrating the supported and supporting relationships of field and sustainment maintenance.

2-10. 戦闘航空旅団は、状況により、整備段階区分表で補給処レベルとされている特定の器材または航空機の限定的な補給処修理を実施するため、航空ミサイル・コマンド(ACOM)の兵站援助担当者に特別修理の許可書(LOA)を申請することができる。この許可書は、補給処派遣チームまたは戦域航空サステインメント・メインテナンス群(TASMG)が単発の修理を要求する場合にも用いられる。図2-1は、2段階区分による整備における、フィールド・メインテナンスおよびサステインメント・メンテナンスにおける支援・被支援関係を示している。

図2-1 2段階区分による整備
ファイルをダウンロードする

発行:Headquarters Department of the Army, 11 September 2017

翻訳:影本賢治, アビエーション・アセット

備考:出典元が公開しているファイルへのリンクは、こちらです。

アクセス回数:742

1件のコメント

  1. 管理人 より:

    改訂版に差し替え、部分訳の修正を行いました。