AVIATION ASSETS

陸上航空(陸上自衛隊航空科職種)の教育訓練、運用、装備、安全等に関連する米軍情報の発信源

書籍紹介:ドリーム・マシーン 悪名高きV-22オスプレイの知られざる歴史

リチャード・ウィッテル

米海兵隊がV-22オスプレイと呼ばれるティルトローター(ヘリコプターと飛行機のハイブリッド機)の調達を決定したとき、その機体は「ドリーム・マシーン」だと思われていた。ヘリコプターのように垂直に離陸、着陸、ホバリングし、かつ飛行機のように速く、遠くまで飛行できる能力を有するティルトローターは、航空界にとって、北極海における北西航路の探索に匹敵する価値があるものと考えられたのである。この航空機が民間航空の世界に変革をもたらすと予言したり、米海兵隊が生き残るための鍵であると考える者も少なくなかった。

2000年頃、9年ものスケジュールの遅れと、数10億ドルもの経費超過を生じさせていたオスプレイは、技術的なハードル、ビジネス上の敵対関係及び装備化に関わる政治的論争に翻弄され続けていた。米国防総省史上最悪の無駄遣いである、という反対勢力の酷評にも関わらず、海兵隊は、何が何でもオスプレイを装備化しようとしていた。そして、2件の墜落事故により、23名の海兵隊員の生命が失われてもなお、オスプレイに固執し続けた。それは、ある指揮官がこの航空機が有する問題点について虚偽の報告をするように部下たちに命じている、という告発が国家的なスキャンダルとなっても変わることはなかった。

本書「ドリーム・マシーン」が、徹底的な調査や数百回におよぶインタビューに基づいて描き出すのは、米海兵隊がオスプレイを戦場に送り込むまでの四半世紀に渡る闘争である。著者であるウィッテルは、国防総省や議会の廊下からイラクの交戦地帯へと、そしてオスプレイを懸命に設計する技術者たちの製図台からオスプレイを命懸けで操縦する民間および海兵隊パイロットたちのコックピットへと、読者を誘う。その上で、ティルトローターを設計し、販売し、調達し、操縦し、戦い抜いた男たちの動機、手段、そして執念を解き明かしてゆく。本書は、オスプレイがその悪名を馳せることになった墜落事故に関する未発表の目撃証言などの、海兵隊の歴史に刻むべき事実だけではなく、航空輸送の世界に尚も革命をもたらそうとしているこのマシーンの魅力についても、余すことなく描き出している。

出典:The Dream Machine: The Untold History of the Notorious V-22 Osprey, Amazon.co.jp
翻訳:影本賢治, アビエーション・アセット



広 告




コメント投稿フォーム

1件のコメント

  1. 管理人 より:

    日本におけるオスプレイ導入事業に携わっている方や、様々な観点からそれに関心を持つ方に、ぜひ読んでいただきたい本です。現在、管理人が翻訳・出版を準備中です。




関連記事






コラム







広 告