AVIATION ASSETS

陸上航空の教育訓練、運用、装備、安全等に関する米軍情報の発信源

米陸軍における教範類の公開

米陸軍における教範類の公開

米陸軍の教範類は、現在ではそのほとんどがネット上で入手できます。米陸軍の公式サイトでも公開されていますし、個人のサイトで公開されている場合も多いようです。

公開されている教範類は、陸上自衛隊の野外令にあたるFM 3-0 Operationsから一般的な整備実施規定や機種別の取扱書まで、広範にわたるものとなっています。ただし、今のところ、機種別の整備実施規定は、公開されていません。

米陸軍の教範類との出会い

自分が米陸軍の教範を見たのは、若き3等陸曹だった頃に米陸軍の航空科運用のコピーを見たのが最初です。当時は、ジアゾ式複写機(青焼き)のコピーでした(若い人には何のことか分からないでしょうね)。青焼きでコピーした資料は、再度青焼きではコピーできませんでしたので、貴重なものでした。その頃、やっと現在と同じようなコピー(白焼き)が一般的になり、それをコピー屋さんでコピーできた時は、大変うれしかったものです。

平成8年にUH-60修理課程に留学すると、航空兵站学校(現在の第128航空旅団)の図書館に各種教範がそろっていました。自転車で30分かかるコピー屋さんまで何度も通い、段ボール1箱分ほどのものをコピーして帰国しました。その中には、航空機の整備段階区分に関するものやドアガン射撃ホイスト救助に関するものなどがあり、その後の業務に大変参考になりました。

自分としては、大変に貴重な資料だと思っていましたが、当時、興味を示してくれた人はいませんでした。唯一の例外は、たまたま自分の事務所を訪問した海上自衛隊の幹部が、机の後ろの棚に米陸軍の教範が揃っているのを見て、驚いていたことくらいです。

その後、インターネットが一般に普及し始めると、米陸軍は、教範類のネット上での公開を始めました。最初は、PDF(テキストなし)形式で配布していましたが、一旦、HTML形式に変更し(一部)、その後、PDF(テキストあり)形式に戻ったと記憶しています。いずれにせよ、苦労して米国から持ち帰った教範類は、その最新版がいつでもネット上で見れるようになりました。

陸自における教範類の公開

陸上自衛隊においては、教範類は厳格に管理されており、ネット上に公開など絶対にできない状態にあります。教範類が流出させたことが大きな問題となったこともあります。

教範類を厳重に管理し、公開しないことに何か意味があるのでしょうか? 個人的には、米陸軍のように公開して、誰もがいつでもどこでも教範を参照できるようにした方が、メリットが大きいのではないかと思っています。

発行:Aviation Assets, 1 May 2018

アクセス回数:679